[特集]福岡の“そと”の魅力

リモートワークや出張に使える!福岡市で仕事の生産性を高める3つのおすすめ野外スポット

福岡市の保存樹は、1,777本で政令指定都市で第1位を誇ります。そんな街だからこその、「緑を感じ、リフレッシュしながら働くことのできる生産性の高い福岡での働き方」に魅力を感じる人も増えています。普段の環境をちょっと変えたいとき、出張で福岡に来たとき。ワーケーションにも知見の深い「アブローダー」が、オススメのスポットを紹介します。

福岡市は「自然と都会が近い」場所です。人口が160万人の地方都市でありながら、程よく自然を感じることができるスポットがたくさんあります。特に、中心部である福岡市の中央区は、都会で仕事も捗るし、ちょっとした息抜きとして木々の緑を感じることができる魅力があります。
 
リモートワークでテラス席のあるカフェを利用したり、広々とした公園を使って身体を整えることができます。今回は、僕が実際に使っている仕事の生産性を高める福岡市おすすめの3つの野外スポットを紹介します。
 
 
 

■ 福岡の魅力は自然と都会の近さ

自然と都会が近い街・福岡の一番の魅力は、緑を感じることができる「自然」と商業施設やビルなど便利さを感じることができる「都会」の近さです。福岡市内でも自然を感じられる施設がある側面と、九州最大の都市の便利な側面が、利用しやすい距離にあります。
 
人類は原始時代から自然に囲まれて生きてきました。ビルに囲まれて生活し始めたのはごく最近です。だからこそ、動物的本能から自然を求めるのかもしれません。ふとした時に「緑が生い茂った景色のいい場所でゆっくりしたいな」とか「空気の綺麗な山で散歩したいな」と気分転換したくなるのあの気持ちです。
 
福岡市は自然を生かした街づくりが活発です。以前、フクリパのこの『住みやすいと定評の福岡市。隠れた理由は〝緑を生かしたまちづくり〟にあった』https://fukuoka-leapup.jp/city/202107.278 の記事でも紹介されたように、福岡市は「緑をいかしたまちづくり」が行われています


出典:Fukuoka Facts

なかでも面白いのが、福岡県と福岡市が発表した『セントラルパーク基本計画』です。


出典)『セントラルパーク基本計画』(整備イメージ)

福岡市の中心部には、大濠公園と舞鶴公園という2つの大きな公園があります。合わせた面積は「福岡PayPayドーム」の10.5個分の広さになるほど広い場所です。この2つの公園をつなぎ一体的に整備していく「セントラルパーク基本計画」があり、より自然と都会の近さを感じられる場所になりそうです。個人的には、今すぐにでもできて欲しいくらい完成するのが楽しみになっています。
 
都会の住みやすい場所で仕事をしながら、気分転換したいときに自然を感じることができるのが福岡市の魅力です。特に中央区では、自然と便利さがより近い距離にあります。整備がすすめば、ますます自然と都会の近さを肌で感じられる場所になります。
 
 
 

■ 1テラス席で朝カフェ

福岡のおすすめの野外スポットの一つがテラス席のあるカフェです。福岡の中心部では朝早くからオープンしているカフェがいくつかあります。ここを利用するのはありです。
 
1日の中で最も集中できる時間が朝だといわれています。朝起きて、即仕事に取り組むとかなり集中できます。特に、朝利用できるカフェを使って、やりたい仕事やたまった作業を一気に片付けると気分もアップします。
 
平日は業務で忙しいという方は、休みの日に「朝カフェ」をするのもオススメです。ポイントは休日でも早起きをすることです。いつも同じ時間に起きることを習慣にすれば、休みの日でも朝から活動できます。
 
早起きをして、近くのカフェで仕事をしてみてください。福岡には、朝早くから営業しているカフェがたくさんあります。朝早い時間帯はカフェを利用する人が少ないので、集中して仕事をすることができますし、周りの人に迷惑がかかりません。テラス席があるカフェでコーヒーを飲みながら、カフェインを摂って仕事効率をアップさせることができます。
 

個人的におすすめのカフェは、天神中央公園にある「TOFFEE park」と「stock HARENO GARDEN WEST」です。どちらのお店でもテラス席を利用することもできます。また、コーヒーのテイクアウトもできます。公園内のベンチに座ることもできます。お客さんが多い時間帯は仕事をするのに向いていませんが、コーヒーをテイクアウトして公園内でのびのびアイディアを考えるのにおすすめです。
 

休日も朝から美味しいコーヒーを飲みながら、自分がやりたい副業や仕事を集中してこなすと気分もいいです。週末に気分転換もかねて、いつもと違う場所で過ごせるのも福岡の良さです。
 

【TOFFEE park】
TEL: 092-791-9839
住: 福岡市中央区西中洲6-36 ハレノヒガーデンイースト [MAP]
営: [火~金]11:00~23:00(L.O.22:30)/[土・日・祝]10:00~22:00(L.O.21:30)、日曜営業
休:月曜日
※営業時間・定休日は変更となる場合があるので、詳細は店舗にご確認ください。
 
 
【stock HARENO GARDEN WEST】
TEL:092-406-5178
住: 福岡県福岡市中央区西中洲6-17 [MAP]
営:【パン】10:00~18:00(売り切れ次第終了)【コーヒー】10:00~22:00
休:月曜日、第1・3 火曜日
※営業時間・定休日は変更となる場合があるので、詳細は店舗にご確認ください。

 
 

■ 2天神中央公園で気分をリフレッシュ

外の自然を満喫できるのがアクロス福岡がある天神中央公園です。場所は天神の中心地にあります。住所は福岡県福岡市中央区天神1丁目1番1号です。天神のど真ん中にありますが、広々とした緑がキレイな公園です。
 
平日の午前中は、小さい子どもたちが走り回って遊んでいたり、お昼時は近くで働いているサラリーマンやOLさんがお弁当を持ってベンチで食事をしているような長閑な公園です。最近、喫煙スペースが変わったことや、この公園全体に芝生が植えられたこともあり、ますます緑が気持ちいい居心地のよい場所になりました。
 

仕事の生産性を上げるのであれば、天神中央公園で休憩するのがおすすめです。僕自身、一時期、この公園で散歩をしたり、休憩したり、瞑想をすることが日課になっていました。散歩による軽い有酸素運動で脳へ血流を促したり、瞑想をして呼吸を整えて脳を休める時間に使っていました。また、緑に触れることはストレス発散に効果があるという研究もあるため、積極的に利用しています。
 
仕事に行き詰まったときこそ、天神のど真ん中にある公園を使うのはありです。公園で緑の自然を感じながら、深呼吸をするだけでストレス発散になります。
 

【天神中央公園】
住: 福岡市中央区天神1-1 [MAP]
■詳細はこちら

 
 

■ 3アクロス福岡の登山で有酸素運動

よりしっかりとリフレッシュをするときに使えるのがアクロス福岡「ステップガーデン」での登山です。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、アクロス福岡は登山ができます。登頂すれば登山証明書を発行してもらえるほど本格的な“山”です。ちょっとした運動としてアクロス山を登ることは気分をリフレッシュさせます。
 

アクロス福岡は「60年後に森になる建物」と言われているほど木々が生い茂ったビルです。ステップガーデンと呼ばれる登山道には、様々な木が植えられています。完成から25年経った今では、120種5万本の樹木が育っているほど自然を感じられます。ビルの鉄骨のガチッとした人工物と木々の葉の青々しい自然物が混合した面白い作りの建物です。
 

また頂上へ登ると天神の街を一望できます。ゆっくり歩けば10分程度で登頂できます。走って駆け上がれば1分で着ける高さ60mの山です。全力で走ると息が切れるほど心拍数が上がります。ちょっと汗をかく程度のいい運動になります。
 

アクロス福岡は天神のなかで個人的に好きな場所です。ステップガーデンを駆け上がって、アクロス山に登るだけで脳も身体もスッキリします。気分転換したいときやアイディアが浮かばないときに、この山登りをしています。全力で登りすぎて酸欠になって1時間程度動けなくなったこともあるほど、いい運動になる場所です。都会のど真ん中で気分を変えたり、運動不足も解消できる最高の山です。
 

【アクロス福岡 ステップガーデン】
住: 福岡市中央区天神1-1-1 [MAP]
営:3~10月 9:00~18:00、11~2月 9:00~17:00
■詳細はこちら

 
 

■ 実際に福岡移住してどれくらい生産性は上がったのか?

以前書いた『僕が田舎を出て、福岡に出稼ぎ移住した4つの理由』https://fukuoka-leapup.jp/biz/202002.8 の記事でも紹介したように、僕自身、福岡に出稼ぎで移住した一人です。福岡市の住みやすさや自然を感じられる場所が気に入って移住しました。
 
実際、移住してから「仕事の生産性」はかなりアップしました。大幅に改善できたのが「労働時間」です。移住する以前は、普通のサラリーマンとして金融機関で働いていました。労働時間は1日10時間程度でした。通勤時間や週末の労働時間に加わらない接待時間、資格試験の勉強時間などを加えると仕事のために使った時間は15時間を超えるかもしれません。
 
ただ、福岡市へ移住してからは労働時間がサラリーマン時代の5分の1になりました。働き方を変え、生産性を上げることを意識した結果、1日3時間程度の労働時間に短縮することができ、なおかつ収入も10倍以上になりました。
 
もちろん、転職したことも理由の一つですが、間違いなく福岡へ移住したことがきっかけです。「より仕事の生産性を高くするにはどうすればいいか」「労働時間を短縮するためには何が必要か」を突き詰めて考えた結果がこの差になりました。
 
結局、1日15時間働き続けたところで集中力は続きません。適度に自然に触れながら、息抜きをして仕事をする方が結果として仕事の生産性は上がります。
 
 
 

■ 福岡市の中心部にある自然と都会が近い街・福岡の魅力

今回は福岡の天神にある「自然と都会が近い街・福岡の魅力」を仕事の生産性を高める方法と絡めて紹介しました。福岡の中心部には、利用しやすい場所に自然を感じられるスポットがあります。実際に中央区に住んでみると分かりますが、程よく自然に触れることもできるので、仕事の生産性も上がっています。
 
また福岡に移住せずとも、リモートワークやテレワークで一時的に福岡生活を試してみるのも良いかもしれません。おすすめの使い方は、朝カフェでコーヒーを飲みながらしっかり仕事をして、天神中央公園で散歩や瞑想をしたり、アクロス福岡に駆け上がってちょっとした運動をした後、天神の街並みを一望してリフレッシュすることです。
 
福岡の中心部は、都会の住みやすさと、気軽に自然のよさを感じられるいい場所です。

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

マンガでわかる不動産投資

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

関連タグ:
#スタートアップ
#まちと暮らし
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
インフルエンサー
アブローダー
福岡住みの旅好き経営者。月8万円で生活できる都市を探す旅をしています。世界各国の語学学校や英会話スクールを20校以上取材して、ブログやツイッターで発信することを仕事にしています。 元銀行員。フリーランス1年目に株式会社を立ち上げ、現在は、福岡を拠点にコスパいい生活をしています。 詳しくはブログにて。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP