福岡本を斬る!3冊の書籍から見えてくる福岡の底力とこれから

5月20日に人口が160万人を突破した福岡市。人口増加率の高まりは、街の盛り上がりとしても確かに感じられます。さらにはこの数年、書籍や雑誌で相次いで「福岡本」が発行されるというフィーバーっぷり!前回のコラムで鮮烈なフクリパデビューを果たしてくれたコラムニスト・コメンテーターの林田暢明さんに、そんな「福岡本」について存分に書き綴って頂きました!

この記事の目次

はじめに遺書的なものを


次に書評的なものを


① 木下 斉(2018)『福岡市が地方最強の都市になった理由』PHP研究所


② 高島 宗一郎(2018)『福岡市を経営する』ダイヤモンド社


③ 石丸 修平(2020)『超成長都市「福岡」の秘密』日本経済新聞出版社


3冊を統べて見えてくる福岡の底力


福岡が本当にグローバル都市になるには


関連タグ:
#創業特区
この記事をシェア
LINE
  • \毎週火曜日配信!飛躍するまち福岡の情報をまとめてお届けするメールマガジン/

登録する

林田暢明
カフェ&バー TAO オーナー、総務省地域力創造アドバイザー
林田暢明
清川にあるカフェ&バー TAOオーナー。日本銀行、政策シンクタンクを経て総務省地域力創造アドバイザー。プロジェクトマネジメント、ファシリテーションを活用した地域活性化の活動に従事し、北九州市立大学ビジネススクールで特任教授として教鞭を執る。近年はFBS「めんたいワイド(木曜レギュラー)」、TNC「CUBE」でコメンテーターを務めている。12月14日に初の著書「ねころん語」を出版。

TOP