糸島エリアのコーヒースポット

「伊都安蔵里」内の古民家カフェ。スイーツやコーヒーが楽しめる「café lily」【福岡県糸島市】

福岡県の中でも特に他県からの移住先として注目されている「糸島市」。海や山などの自然が豊かなことでも知られています。そんな糸島には、海沿いを中心にさまざまな飲食店やカフェが軒を連ねます。今回は、糸島市に訪れたらぜひ立ち寄りたい、コーヒーが楽しめるお店をご紹介します!

昭和初期の建物を利用「café lily(カフェリリー)」


醤油や焼酎、酒づくりを行っていた「旧福寿醤油」を改装して作られた建物「伊都安蔵里」。その一角にお店を構えるのが、「café lily」です。



店内に入ってすぐのところには、ドライフラワーやアクセサリー、コーヒーアイテムなどの雑貨販売コーナーが。

糸島にまつわる商品がほとんどで、思わず目うつりしてしまいます。カフェを利用しなくても買い物だけでもOKだそうですよ。

タイムスリップしたかのような空間


そしていよいよカフェエリアへ。ここは、旧福寿醤油の土間部分を活用して作られたのだそう。土間とは思えないほど天井が高く広々としています。テーブルと椅子がすべて違うので、どこに座ろうかと考えるだけでもワクワクしてしまいます。


小さなお子様がいても安心な、靴を脱いで利用可能な座席も用意されています。

オーストラリアでバリスタの修行を


こちらのカウンターで注文してから席に座るシステムです。


カフェラテ レギュラー 450円/ラージ 600円

店主は、独自のコーヒー文化を持つ、オーストラリアでバリスタ修行積んだ本格派。糸島のコーヒー焙煎屋の「Petani coffee」とタッグを組んで誕生した、オリジナルコーヒーが使用されています。カフェラテは、奥深い味わいの深煎りのコーヒーが、ミルクとの相性抜群でした。

ショーケースにはかわいいスイーツたち



カウンター横のショーケースには、季節のケーキなどかわいらしいスイーツがずらりと並びます。一部の商品を除いてテイクアウトも可能なのだそうですよ。


こちらは、期間限定の「ピスタチオのムースタルト」。まずは見た目のかわいらしさにノックアウト!さらに、濃厚なピスタチオムースと、フランボワーズのムースの組み合わせが絶妙なんです。

甘さと苦みのバランスが絶妙な「リリーコーヒーパフェ」


こちらの、オリジナルの深煎りブレンドを使用した「リリーコーヒーパフェ」も人気商品のひとつ。


エスプレッソで作る深い味わいのコーヒーゼリーは、ほどよい甘さの生クリームと好相性。そこにザクザクとした食感のチョコレートクランチ、そして、口溶け滑らかな甘さ控えめの生チョコが加わり、コーヒーの苦みを緩和させてくれます。


ジェラート部分は、糸島のジェラートショップ「Loiter Market」のものを使用。バニラとはまた一味違う、コーヒーに自然に合うまろやかな濃厚ミルクジェラートが贅沢に使用されています。甘さと苦みのバランスがいいパフェをぜひご堪能くださいね。

【café lily】
住所:福岡県糸島市川付882
電話番号:092-322-2222
営業時間:11:00~17:30(L.O 17:00)
定休日:月曜、火曜(祝日の場合は翌日)
HP:https://www.itoaguri.jp/cafe/
Instagram:@cafelily_itoaguri

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

会社員の不動産投資

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

関連タグ:
#まちと暮らし
#福岡グルメ
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP