• #移住

福岡暮らしのローカル常識

福岡の新住人は必見!知っておきたい「福岡暮らしのローカル常識」

福岡に新しく住み始めた方にとって、普段の暮らしの中で「前に自分が住んでた地域と違う!」とカルチャーショックを受けたことが少なからずあるのではないでしょうか?今回は福岡民ならみんなが知っている"福岡のローカル常識"をお教えしちゃいます!

日本ヤバい4月

日本がヤバいなら住む場所を変えよう!フィリピン海外移住編

今月の「日本ヤバいシリーズ」は、日本の未来への不安を機に、新たな生活の選択肢をアブローダーが提案。人口減少、経済の停滞、そして不確実な未来に直面する中、日本を飛び出し、フィリピンへの移住を考える動機と機会について紹介します。自らの手で未来を切り開く勇気と行動力を持ち、日本の枠を超えた生活を模索することの重要性を探ります。

「借りて住みたい街」も「買って住みたい街」も「博多」が1位に!「みんなが探した!住みたい街ランキング」九州圏版が発表!

株式会社LIFULL(ライフル)が運営する不動産・住宅情報サービス「LIFULL HOME'S」が、2023年における実際の問合せ数からユーザーの「本気」で住みたい街を算出した、住まい探しの「いま」が分かるランキング「2024年 LIFULL HOME'S みんなが探した!住みたい街ランキング(九州圏版)」が発表され、“借りて住みたい街”も“買って住みたい街”も「博多(福岡)」が1位にランキングされました!

福岡市を好きが99%

福岡市民の99%が福岡市を好きなのはナゼ⁉

福岡市内で暮らす福岡市民の実に99%もの人々が、「福岡市を『好き』だ」という驚異的な調査結果が明らかになりました。今回、福岡市民は、「なぜ、福岡市が『好き』なのか?」「なぜ、福岡市は住みやすいのか?」「なぜ、福岡市に住み続けたいのか?」という謎解きに挑んでいきます。

【画像】フクリパ短信

2023年人口移動の上位5都市は東京特別区、大阪市、横浜市、札幌市、福岡市

総務省統計局では毎年、市町村の住民基本台帳に基づいて国内の人口移動状況を明らかにした『住民基本台帳人口移動報告』を発表しています。2023年における人口移動での流入超過数での上位5都市は、東京特別区、大阪市、横浜市、札幌市、福岡市でした。

福岡市への単身赴任あるある

「福岡市での単身赴任あるある4選」このままずっと福岡にいたくなる!

今、街の開発と成長が著しい福岡市。九州の玄関口であるため、昔から企業の支店や支社が多く単身赴任者が多いエリアでもあります。今回は、「福岡市での単身赴任」に関するあるあるを紹介します。

福岡ノマドカフェ

福岡のデジタルノマドにおすすめの仕事場カフェ4選!

「デジタルノマド」 のイベントが開催されるほど、福岡がノマドワーカーの聖地になりつつあります。東京や大阪などの大都市と比べて、居住費用が安く、料理やレストランもリーズナブルな値段で利用でき、なおかつ、インターネット環境が整ったフリースペースやカフェが多いのが福岡の良さです。今回は、福岡に移住してデジタルノマドとして5年以上生活しているアブローダーがお勧めの福岡の仕事場スポットをまとめます。実際に利用してみた体験談やおすすめの割引方法まで詳しく紹介してくれました。

福岡市での一人暮らしあるある

「福岡市での一人暮らしあるある4選」都心部なのに家賃が安い!

今、街の開発と成長が著しい福岡市。単身向けマンションも多く建設中で若い層が急増中の注目のエリアです。今回は、「福岡市での一人暮らし」に関するあるあるを紹介します。

七隈線の延伸でアクセスの良さが各段にアップ!福岡市中央区「高宮校区」をデータで読む

福岡市は人口増加傾向にある街です。引っ越しで住まいの場所を探している方も多いはず。あなたの住みたい街、住んでいる街はどんなところなのか、データをもとに福岡市の街の魅力や特徴を掘っていきます。

福岡市の“住みやすさ”がすごい!ビジネスマンも虜にする福岡の街、その魅力とは?

今、日本国内だけでなく、アジア諸国・地域、さらに世界から、その快適な生活環境で注目を集める福岡市ですが、勤務先希望地として選ばれる街の一つであるということはよく耳にします。また定年後の移住先に選ぶ人も多いようです。今回は、『住みやすさ』を切り口に、この街の可能性を探っていきます。

TOP