パンオタクが選ぶ福岡パン

発酵バターと粉の織りなす、フィユテ(層)の味わい。ORIGINE MONTMARTREの「ブリオッシュフィユテ」【福岡県朝倉市】

福岡で10年以上パンブログを続け、2020年には城南区別府にパン喫茶をオープンさせた「pantiki」さん。毎日をリープアップしてくれる福岡のパンを、「ひとぱん入魂」の気持ちで1つずつご紹介いただくこちらの連載。44回目の今回は、福岡県朝倉市にあるオリジーヌモンマルトルの「ブリオッシュフィユテ」です。

たまたま見つけた、 というのを運命というのならば、 この出会いはもはや、運命なのです。

なんのこと?

ドラマティックな韓流ドラマにあらず。そう、もちろんパン屋さんとの出会いのことですよ。

 

秋の味覚、ことに柿と栗は大好物なので、この季節は必ず産地へ赴きます。 うきは、甘木、朝倉エリアは、フルーツ王国。道の駅的スポットがとても充実しており、ありがたい限りです。

 

この日も、大好物の『秋王』(柿の種類)めがけて甘木方面へ。せっかくお出かけするならカフェにも立ち寄って、ドライブ途中の休憩を、、 と、車から降りると、、、ん??? あれに見えるはパン屋さんじゃあーりませんか!?しかも、かーなーりシャレオツな!!

 

 

お名前は「オリジーヌモンマルトル」さん。喜び勇んでその瀟洒な扉を開けますと、さらにテンションは上がります。何故ならこのパンに出会えたから。

 

その名も「ブリオッシュフィユテ」(週末限定品) 。

 

 

ブリオッシュは、皆様にもお馴染みのパンですよね。粉とバターの風味を満喫出来る、少し甘めの柔らかい、お菓子寄りのパン。それをフィユテ(層)にしている。バターを折り込んで焼き上げているのがブリオッシュフィユテ、でございます。

 

一見、デニッシュ食パンと呼ばれるものに似ていると思われるでしょう、そうでしょう。はい、実はそう呼んでも大丈夫(かもしれない)。材料や製法は極似しており、違いはというと、バターが多いか砂糖が多いか、、、等等の、作り手さんの塩梅と手腕のみ!? とにかく、似てます(もしくはイコール) 。

 

では何故、ブリオッシュフィユテを名乗るのか?名乗るからにはデニッシュ食パンとは違うサムシングを感じさせなくてはいけません。

 

 

まず、こちらの店主さんは、日本のパン屋さんで働かれたことは無いそうです。フランスのブーランジェリーパティスリーで働かれていたそう。だからこその現地流の呼び名、現地流の製法で作られたものが頂けるというわけ。ですので、デニッシュ食パンとは呼ばず「ブリオッシュフィユテ」と命名されている。

 

そういうのもね、実は勇気のいることじゃないかな、と思うのですよ。馴染みのないものを買う方って、あまりいらっしゃらない。ごぼう天うどんを頼む人は、どのうどん屋でもごぼう天です。急に聞いたこともないメニューに飛びつくことはほとんどない(かもしれない)。でもあえて、フランスの味と製法で、名前で、勝負する、その心意気が良いじゃ〜あーりませんか! 拙者気に入ったでござるよー!! (勝手な妄想からの勝手な応援)

 

 

 

焼き戻すと、”贅沢すぎる名脇役” にも変身

そして、ようやく本題のお味についてです。

こちらのお店のクロワッサンを食べた時も思いましたが、 まず、香りが素晴らしいのです。素材を活かす、味のみならず、その香りさえも。それがフランスのパンなのだよ、と教えてくれるが如く、断面から香るのは、発酵バターの華やかで、広がりに奥行きさえ感じられるチーズのような香り

 

 

そこには、皆様が「デニッシュ食パン」に持たれている、「甘めのクロワッサンのような砂糖の味」は致しません。砂糖に頼りすぎることなく、粉とバターの風味を活かす、控えめな砂糖量。だからこそ分かる、発酵バターと粉の織りなす層の味わい、食感。そう、フィユテ(層)を感じるのです。

 

焼かずに頂くと、しっとりと、フワモチッと噛み締める層の束。儚げに見えて、咀嚼できる密度は、その味わいを感じさせるためのもの也。焼き戻すと、やはりバターの香ばしい風味が際立ちます。ですが、塩もやや控えめなのもあり、これ単体で美味ーー!と飛び上がるというよりは、クロワッサンサンドのように、中にフルーツや生クリームを入れて頂くと、飛び上がった!たまげる美味さとなりました。つまりは、贅沢すぎる名脇役なのです。

 

変なタルトを買ってくるよりも、 カリッと焼いたブリオッシュフィユテを敷いて、クリームを絞り、今の時期ならりんごや、秋王のスライスをのせて、オープンサンド?いやこれはもう、贅沢なフルーツタルトですよ、を食べて頂きたい。少し蜂蜜垂らすと、最高ですね。

 

 

ほんとうは、絶品クロワッサンのことも書きたい。焦がしバターを使ったクロワッサンなんて、初めて頂きましたもの。でもね、あまりにも文章が長くなると、フィユテの細かい感動を忘れられてしまいそうなのでこの辺で。それに“クロワッサン”は皆様耳慣れていて、買われるでしょうからね、、、(^^)

 

 

 

店舗情報

ORIGINE MONTMARTRE(オリジーヌ モンマルトル)

住所:〒838-0068 福岡県朝倉市甘木1067−1[map]

営業時間:10:00〜15:00 (商品がなくなり次第閉店)

定休日:月、火曜日(最新情報は店舗Instagram ハイライトをご確認ください)

TEL:0946-55-0362

Instagram:@ORIGINE MONTMARTRE

https://www.instagram.com/origine_montmartre/

 

 

 

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。投資初心者”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

成長都市福岡1-F

関連タグ:
#パンオタクが選ぶ福岡パン
#福岡グルメ
この記事をシェア
LINE
パンブロガー
pantiki
福岡在住。色々なパンを食べ歩き、「ひとパン入魂」を心に紹介するパンブログを10年以上運営。2020年には福岡市城南区別府に、ブログを三次元化させたパン喫茶「kissaten ぱんフレット。」をオープン。オリジナルのメニューの提供のほか、ロスになる前のパンにアレンジを加え、ストーリーと一緒に味わってもらう「パンのバトン活動」を続けている。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP