資金調達だけじゃない、クラウドファンディング

チーズケーキの楽しみ方を広めたい!地産地消にこだわるチーズケーキ専門店「CHEESE CAKE Lemon」

増えるおうち時間に、おいしいスイーツを楽しみたい。そう思う方におすすめなのが、この春オープンしたチーズケーキ専門店「CHEESE CAKE Lemon(チーズケーキレモン)」です。オーナー兼パティシエを務めるのは、亀田涼翔さん。「チーズケーキのいろんな楽しみ方を知ってほしい」と、看板商品「クラシックレモン」を中心に、さまざまなチーズケーキを販売しています。「ひと口のインパクトを大切にしたい」と語る亀田さんが作るチーズケーキの魅力とは。そのおいしさの秘密を探りました。

定番から変わり種まで、多様なチーズケーキを販売


福岡市城南区の中村学園大学前にこの春オープンした「CHEESE CAKE Lemon(チーズケーキレモン)」は、その名の通り、チーズケーキ専門店。ショーケースの中には、お店のスペシャリテ「クラシックレモン」をはじめ、バスクやベイクドといった定番のほか、ロールケーキやさまざまな食材との組み合わせが楽しめる日替わりケーキなど多様なチーズケーキが並びます。そのビジュアルの愛らしさから、Instagramのフォロワー数もじわじわ増加中。店主の亀田涼翔さんに話を伺いました。

チーズケーキ専門店オープンのきっかけは?

 チーズケーキレモンのオーナーパティシエを務める亀田さんは、これまでブライダル専門のレストランや福岡市内のビストロで腕を震っていました。そのため、お菓子作りは専門ではなかったとのこと。ではなぜ、このタイミングでチーズケーキ専門店にチャレンジしようと思ったのでしょうか。

亀田さん

ブライダル関連のレストランにいたころ、私の師匠が作るチーズケーキがとても好きでした。チーズケーキは、その頃から気になる存在。自分でも独学で作るようになったんです。その後、転職し、ビストロで働いていたのですが、2020年の春、緊急事態宣言で長い休暇を取らざるを得なくなってしまいました。そんなとき何かおうち時間の楽しみになるものを食べてもらいたいと考えたのがチーズケーキです。

チーズケーキって、本当にいろんな食材と組み合わすことができるんです。レアやベイクド、バスクなど種類も豊富。形にこだわらず、チーズを使っていれば「チーズケーキ」なのだから、ロールケーキだっていい。発想次第でいろんな種類が作れるから、専門店としていろんな種類のチーズケーキを皆さんにお届けすることができます。

爽やかな酸味と香りが特徴のスペシャリテ「クラシックレモン」

「発想次第でいろんな種類が作れる」と話す亀田さんの言葉通り、ショーケースに並ぶチーズケーキは実にバリエーション豊富!なかには「これもチーズケーキ?」と思うような商品もあり、初めて訪問すると迷ってしまうかもしれません。そんな方に、まず食べてもらいたいのが看板商品「クラシックレモン」です。

亀田さん

店名と同じ「レモン」を冠す「クラシックレモン」は、糸島や瀬戸内など国産レモンを使ったチーズテリーヌです。

レモンの酸味を強く出すことで、さっぱり爽やかな味に仕上げました。チーズの濃厚さもありながら、レモンの酸味が後味を爽やかにしてくれます。チーズケーキや甘いスイーツが苦手という方にぜひ食べていただきたいです。老若男女を問わず食べやすい味で、手土産にもぴったり。家族みんなで楽しんでもらいたいです。

お店では、カットのみですが通販なら1本丸ごと販売。全国へ配送できます。冷凍でお送りするので、冷蔵庫でゆっくり解凍してお召し上がりください。完全に解凍させず、少し固いくらいがおすすめ。まるでアイスクリームのように楽しめるんです。

お店で販売するクラシックレモンを実際にいただいてみると、亀田さんの言葉通り、キリッと爽やかな酸味が特徴的。レモンの香りもしっかり感じられます。とろりと口あたりが良い滑らかな生地には、バニラビーンズさながら細かなレモンピールが。デザートとしてだけでなく、コース料理のフロマージュとして登場しそうな逸品。コーヒーや紅茶と合わしてもおいしいですが、冷えた白ワインと合わしてみるのもおすすめです。

こだわりが詰まったチーズケーキの数々

オープンして数カ月ですが、この日も店内のイートインスペースはほぼ埋まり、テイクアウトのお客さまも続々とやってきます。すでにファンも多くいるチーズケーキレモン(一切れ 420円)。それもそのはず。ショーケースに並ぶチーズケーキには、亀田さんのこだわりがギュッと詰まっているのです。

亀田さん

まずは食材。牛乳や生クリームは鹿児島産、レモンは時期が合えば糸島、卵は九州各地からと、九州素材にこだわっています。クリームチーズもできる限り九州産を使用。チーズテリーヌの抹茶味には、八女抹茶を使っています。

またチーズケーキはとてもシンプルな食材で作られるからこそ、食感を大切にしているんです。ひと口のインパクトをどう出すか。そこで大事にしているのが、やわらかさと滑らかさ。丁寧に裏漉しし、時間をかけてじっくり低温で焼き上げることで今の口あたりを生み出しました。さらに、見た目も大事だと思っています。私が気になったり、お客さまに教えてもらったりした食材で作る「日替わりケーキ」は、特にチーズケーキらしくない見た目のものが登場することが多いかも(笑)。

CHEESE CAKE Lemonのメニュー

店内で販売されているチーズケーキはおよそ9種類。上でご紹介した「クラシックレモン」以外の、一部メニューもご紹介します。

・『テリーヌショコラ』(430円)

クセの少ないフランス産クリームチーズを使用し、相性の良いフランスヴァローナ社のチョコレートをたっぷりと使用。クリーミーなチーズ感と濃厚なチョコレートのバランスが絶妙です。
 
・『八女抹茶とホワイトチョコ』(430円)

福岡八女産の抹茶とフランスのホワイトチョコレートを合わせ、独自の製法で火入れしてつくられたこちらのチーズケーキ。抹茶とホワイトチョコレートの風味、どちらも存分に感じられる、贅沢な味わいです。
  
・『あんバターチーズロール』(580円)

パルミジャーノ・レッジャーノを加えたしっとりふわふわなロール生地は、焼いてから一晩寝かせて、マスカルポーネクリームと餡子を巻いて仕上げられています。上にちょこんと“あんバター”が乗ったかわいらしいビジュアルも人気。

・『本日のチーズケーキ』

その日の気まぐれで販売されている「本日のチーズケーキ」。
写真のチーズケーキは左からピスタチオバスク・オレオベイク・キャラメルとロータス。その日によって食べられるメニューが違うので、何度も足を運びたくなってしまいますね。

通販ではなく実店舗で勝負!クラウドファンディングにも挑戦

さまざまなチーズケーキで私たちを楽しませてくれる亀田さん。ですが、当初は実店舗での営業は考えておらず、ネット販売専門店を立ち上げる予定だったと話します。

亀田さん

当初は人を雇うのではなく、自分一人でできる店をと思っていたんです。製造・販売をワンオペでするなら通販サイトが中心だなと。そこでまずはECサイトを作ってくれる会社へ相談しました。すると、初めから通販サイト一本だと認知度が少なく、特に立ち上げ時期は大変なのではと教えてもらったんです。それをきっかけに実店舗を持つことを考えはじめました。WEBサイトの制作会社、不動産会社、ロゴデザインの会社などでチームを組んでいただき、お店の世界観を作り出していったんです。

ークラウドファンディングにも挑戦されていますが、きっかけは何だったのですか。

亀田さん

クラウドファンディングは、支援金を集めることではなく、広告宣伝効果を期待してチャレンジしました。実店舗を出すなら、オープンまでの仮定を見てもらった方が話題になるんじゃないかと思ったんです。看板商品のクラシックレモンを主役に、お店をやろうと思ったきっかけや、思いをしっかり伝えていきました。

結果として、予想以上の反響をいただきました。福岡市や近隣の方以外に、県外の方にも応援していただけたのは嬉しかったですね。また、お店でチーズケーキを選べるリターンを用意していたのですが、実際、オープン後に直接ご来店いただけた方も。認知・集客効果をしっかり感じることができましたクラウドファンディングは、損になることがないので、やるかやらないか迷うならやった方がいい。広くいろんな方に知ってもらえる良い機会になりました。

チーズケーキのいろんな楽しみ方を広めていきたい

チーズケーキレモンのオープンを機に、新たなスタートを切った亀田さん。話の節々から、チーズケーキ愛が伝わってきます。そんな亀田さんですが、今後、挑戦してみたいことがあるのだとか。

亀田さん

今は感染症の影響もあり、実現するのは先になるかもしれませんが、いつか夜の営業をやってみたいんですワインとチーズケーキを合わせて楽しめる大人の空間にしてみたい。ゴルゴンゾーラといったちょっと癖があるチーズを使った、夜だけのチーズケーキを作ってみたいんです。レパートリーを増やして、チーズケーキのいろんな楽しみ方を広めていきたいですね。
 

1日の終わりにチーズケーキとワインで過ごす大人な時間。考えるだけで、ほうっとため息が漏れてしまう素敵なひとときです。亀田さんのチーズケーキを食べたことがないというあなた。ぜひ一度、その味を体験してみませんか。ショーケースを眺めて、どれにしようか悩むのもお楽しみのひとつ。おうち時間やご褒美タイムにぜひどうぞ。
 

CHEESE CAKE Lemon(チーズケーキ レモン)

住所:福岡県福岡市城南区別府3丁目17-4エスパシオ別府101
営業時間:11:00〜18:00(日曜は17:00まで)
定休日:火曜
インスタグラム/通販サイト
※通販サイトでは、お店の看板メニュー「クラシックレモン」のみを販売中。完全予約販売になるので、販売時期などについてはインスタグラムをチェックしてみてくださいね。

成長都市福岡1-F

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。マンション投資に興味を持ち始めた方”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

投資家へのネクストステップ

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

関連タグ:
#ニューオープン
#福岡グルメ
#福岡発ブランド
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
紙とWEBの編集ライター
戸田 千文
愛媛県出身。広島、東京生活を経て、転勤族の夫とともに2018年夏に福岡暮らしをスタートした。情報誌やレシピ本、WEBコンテンツの企画・制作を通して出会うローカルのおいしいモノ・楽しいコトが大好き。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP