石原和幸夢コラム3月

福岡で進行中の“花”仕事  〜九州産業大学・PayPayドーム・ホテルトラッド博多〜

うるう年でいつもより1日多く、いつもより暖かい2月が終わり、3月も半ばとなりました。 3月といえば、社会人にとっては年度替わりの多忙な時期で、学生さんなら1年のまとめの時期で、進級や進学といった新しいステージへ飛び込む季節だと思います。 僕らガーデナーにとっては、日が長くなり、植物の動きは活発になり、膨らんでいる芽や蕾が見られ、わくわくする季節になります。 また、たくさんのガーデン工事が動く時期でもあり、今回は福岡の主要場所で現在行っている工事を紹介したいと思います。

九州産業大学のキャンパス内環境整備

まずは福岡市東区にある九州産業大学です。

九産大さんは2017年からのお付き合いで、キャンパス内の環境整備に積極的に取り組んでいます。

これまでも人工的なコンクリート水路に堰を作り、水生植物を入れ自然な小川に環境を近づけ、毎年ホタルの幼虫を放流してホタルの定着や地域との交流を図っています。

実際に5月下旬にはホタルが舞い初夏の風物詩になりつつあります。

 

 

そしてこの時期、卒業式に向けてソメイヨシノを植えさせてもらっています!

ここ3年はキャンパス内にサクラを増やしており、そのうちサクラの名所になればと思います。

卒業していく人、入学してくる人、大学生生活の想い出にこのサクラが残ると嬉しいです。

福岡花仕事1

 

 

PayPayドームの3ヶ年計画のガーデンづくり

次に…3月といえば球春到来です。福岡といえば福岡ソフトバンクホークス!ホークスといえば、福岡のランドマークと言っても過言ではない「PayPayドーム」です。

僕がPayPayドームの一部植栽を手掛けているのは、皆さんご存知でしょうか?正面大階段横のステップガーデンやマークイズからの連絡橋から見ることができる「Softbank Hawks」という花文字から始まり2018年から仕事をさせていただいてます。

https://www.softbankhawks.co.jp/stadium/hawksgarden.html

福岡花仕事2

 

 

そして今は3階デッキに1周回る植栽帯を僕のガーデンにするべく3ヶ年計画を進めています。

3階デッキは入場ゲートやグッズ売場が並ぶところで、イベント時に来場した皆さんが滞留する場所でもあり、イベントがない時でもランニングやウォーキングで活用される場所で、ここに至るには来場する皆さんを花と緑でおもてなしをするというホークスさんの計らいがありました。

 

 

ただドームにも1周する中で正面と裏が存在し、人の流れや滞留に偏りがあったので、どうにかガーデンの力で楽しんで1周回遊できるようにしてもらいたい という思いも込められていました。

 

ドームの裏は海側になり、強風、潮風、日陰 と植物の生育には難しい条件が並びます。

なおかつ裏である海側に足を向けさせる仕掛けを作らないといけない、という課題もあり頭を悩ませました。

そこで今はSNSの時代ということもあり、いかにフォトスポットになるような場所を造れるかということで考え、得意の壁面緑化の技術を活かした作品を作りました。

 

福岡花仕事3 

壁面緑化にすることで防風壁にもなり、写真への納まりもよくなるので、皆さんにもたくさん写真を撮ってもらい拡散してもらうと嬉しいですね。

 

 

 

ホテルトラッド博多の「CHELSEA GARDEN」ガーデンが拡張

3月は卒業や春休みというところから旅行が連想されます。

そして旅行にはホテルがつきものですよね!

最後は福岡市博多区住吉にある「ホテルトラッド博多」のガーデン拡張工事をご紹介します。

 

 

ホテルトラッドさんは2020年にオープンし、ホテル名にもなっているトラッドという名のごとく重厚感があり伝統的な英国ガーデンと僕の独特なテイストを融合させた「CHELSEA GARDEN」をオープンに合わせて施工させていただきました。

そして今回はそのガーデン拡張のご依頼をいただき絶賛施工中となります!

 

 

今回は完成イメージでしかお見せできませんが、重厚感あるアイアン門扉とフェンスが高級感と英国感を演出し、ホテルのカフェからも眺められるガーデンの中央に配置するヨーロッパ調の噴水がガーデンのシンボルとなり、優雅さと癒しの雰囲気を作り出すようにしています。

そこに僕の植栽が入ることで魅力爆上がりのガーデンが出来上がるわけです。

4月には完成予定なので、福岡への旅行の際は、ホークスの試合を観戦してホテルトラッド博多に泊まって、僕のガーデンを見てくださいね!

 

 

福岡ではさらなるビッグプロジェクトが続きます!

これだけ僕が福岡で仕事をさせていただけているのは、福岡市が中心となり花と緑を大事にし、産業だけの観点ではなく街づくりや環境という部分でも活かしていこうと考え、実際に行動しているからだと思います。

そんな福岡は僕にとって大事な場所となりました。

 

今後も福岡ではビッグプロジェクトが控えています!

 

福岡で地下鉄に乗った方は乗降口の扉で僕の顔写真と名前を見ている方もいらっしゃるのではないでしょうか⁉

えんホールディングスさんが中央区小笹で手掛けている「エンクレストガーデン福岡」の植栽デザインと施工をさせていただきます。

 

次回掲載は6月です。

その時は5月に出展する英国チェルシーフラワーショーの結果も出てますし、ガーデン福岡の話題と合わせ盛りだくさんでお伝えしたと思います。

 

 

「石原和幸」氏プロデュースのガーデンや、公園に隣接した環境で自然豊かな緑に囲まれた暮らし

エンクレストが展開する福岡市中央区の大規模分譲マンション「エンクレスト ガーデン福岡」
エンクレスト ガーデン福岡

 

 

エンクレスト天神南PURE

都心の利便性と穏やかな街の空気を味わえる「エンクレスト天神南PURE」

Sponsored

入居率99%

入居率99.6%の物件だから安定収益。将来に必要となる投資。 入居率が高く、安定的に収益が期待できる人気不動産での資産形成を学んでみませんか?

Sponsored

【PR】2040年まで人口増が予測される成長都市「福岡」!投資するならマンションがおすすめ。

次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンしている昨今。
福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

 

さらに、人口増加率では東京23区を超え、2040年までの人口増が予測され、日本全体が人口減少となる中でも引き続き成長を続ける都市「福岡」。

その福岡における最新の投資用マンション情報や将来への対策として必要な投資の中でも特にサラリーマンの方におすすめの「不動産投資」が学べるマンガなどの特典を無料プレゼントしています。

 

資料請求バナー

 

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

 

▼以下に入力して「不動産投資」が学べるマンガと福岡における最新の投資用マンション情報をもらおう▼

関連タグ:
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
庭園デザイナー
石原和幸
長崎市生まれ。22歳で生け花の本流『池坊』に入門。以来、花と緑に魅了され生花の路上販売から店舗販売、そして庭造りをスタート。その後、苔を使った庭で独自の世界観が「英国チェルシーフラワーショー」で高く評価されこれまで14回出展し計11個の金メダルを受賞。エリザベス女王より「緑の魔術師」と称される。全国で庭と壁面緑化など緑化事業を展開し環境保護に貢献すべく活躍中。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP