withコロナ時代の新しい旅、福岡・九州観光のこれから~九州運輸局長 河原畑 徹氏に聞く~

コロナ禍の影響で特に打撃を受けている運輸・観光。福岡・九州も同様に打撃を受けている中、2021年7月1日に九州運輸局長に就任された河原畑徹氏に俯瞰で見渡しての現状と今後についてお聞きしました。最新の取組や新たな展望も見えてきました。

この記事の目次

九州は「新宝島」。多様な魅力が凝縮されたエリア


Q.福岡県は出身であり、10年ぶりに九州運輸局長として福岡に戻られました。局長が思われる福岡、九州の魅力はズバリ何でしょうか。


コロナによる変化が旅行スタイルを革新


Q.九州運輸局の管轄する事業や施策を改めて教えてください。


Q.コロナ以前と今後、観光ではどのような変化とポイントがあるのでしょうか。


地方でも観光DXを活用した輸送・交通が日常に


Q.特に、公共交通機関はコロナの影響を受けて深刻な状況にあると思います。課題解決へはどのような取組をされているのでしょうか。


福岡が九州の心臓として機能することが観光復活へのカギ


Q.今後の福岡・九州の観光の発展はどのようにお考えですか。


関連タグ:
#福岡観光
#観光ビジネス
この記事をシェア
LINE
  • \毎週火曜日配信!飛躍するまち福岡の情報をまとめてお届けするメールマガジン/

登録する

帆足 千恵
 編集者
帆足 千恵
福岡のタウン情報誌の編集者として1990年代から海外30カ国、60エリアを取材し、世界の旅行情報を発信。2001年より外国人旅行者向けの編集制作や企画、調査、マーケティング、プロモーションを行い、九州インバウンドのパイオニア的な存在。2020年4月 海外旅行情報サイトを公開予定。

TOP