プレミアホテル門司港

イタリア×日本の巨匠が手掛けたデザイナーズホテル、「プレミアホテル門司港」開業25周年を記念し、『スタンダードフロア』全室をリニューアル【北九州市門司区】

福岡・北九州最北端の“港町リゾート・門司港”を代表するホテル「プレミアホテル門司港」は、スイートルームを含む『スタンダードフロア』の全134室を改装し、2023年4月22日(土)より宿泊を開始しました。こちらの記事では、そのお部屋の詳細などをご紹介します。

二十世紀を代表するデザイナーズホテルを大幅リニューアル!

スタンダード ツインルーム 20平米

 

ホテル「プレミアホテル門司港」は、明治に開港し日本の三大港として数えられた北九州の関門海峡・門司港の歴史的建造物が残された門司港レトロ地区に位置し、イタリア建築界の巨匠、アルド・ロッシ氏により設計され、日本を代表するインテリアデザイナー、内田繁氏にアートディレクションされた二十世紀を代表するデザイナーズホテルです

 

ジュニアスイート 39平米


今回の改装は、開業当初からホテル棟であった「スタンダードフロア」のスイートルームを含む全134室を対象とし、設計時から関門海峡や門司港レトロの景観と調和するように緻密に計算された個性と洗練を兼ね備えたデザイン性を継承しながらも、時代の流れとともに変化したゲストの過ごし方に合う機能性を拡充させるため、家具などを含めた内装をリニューアルしたもの。

 

ジャパニーズモダンルーム 50平米

 

別棟「プレミアフロア」との統一感や門司港地区の“港町リゾート・門司港” という新テーマも取り入れ、門司港ならではのデザインと過ごしやすさを追求した空間に更新したのだそうですよ

 

 

海を眺めながら、船旅気分を味わえる客室に

新しい客室は、開業20周年の2018年に客室へとリノベーションした別棟「プレミアフロア」の客室と統一感を持たせた、門司の海が続くようにイメージしたオリジナルカーペットを配したほか、窓際はガラリ戸をカーテンに変え、備え付けのカウンターテーブルを撤去し、新たにティーテーブルとソファーを配置。

新調した家具にはフロアのテーマカラーに合わせた色味を採用し、レトロな風合いを残しています。

 

窓際のイメージ

 

これにより、窓際のソファにゆったりと腰掛けながら、門司港レトロ街や関門海峡を行き交う船舶、刻々と変化する潮や雲の流れを眺望する、港町リゾートならではの風景を見ながら非日常的な時間を過ごせるように

 

また、現代のゲストの過ごし方に合わせ、ベッドサイドには携帯電話等の充電ポートを新設し、滞在をより快適にお過ごしいただけるような空間へとアップデートされています。

 

改装概要

室数:スタンダードフロア 全134

客室名:スタンダードツイン(20平米)107

スタンダードダブル(17平米)20

ジュニアスイート(39平米)2

スイート(39平米) 2

ジャパニーズモダン(50平米)3

宿泊開始日:2023422日(土)

 

 

リニューアル後のホテルの特徴

【特徴①】開業25周年を迎える、門司港を代表するデザイナーズホテル

福岡・北九州 JR門司港駅から徒歩2分に位置する、イタリアを代表する建築家、アルド・ロッシによって設計、インテリアデザイナー内田繁によりアートディレクションされた、門司港レトロ街のランドマークホテル。

門司の鮫をテーマにデザインされ、豪華客船を思わせるような内観が特徴です。

 

日本最大級の長さを誇る跳ね橋「ブルーウィングもじ」も徒歩すぐ、関門連絡船に乗船5分で下関を周遊できる等、ホテルを拠点にあらゆる魅力も体感することができます。

 

【特徴②】レトロ街と関門海峡、2種類の景観を望む客室

20234月に全室改装した門司港レトロの風景と調和したデザインの「スタンダードフロア」、2018年に客室棟に改装した豪華客船をイメージした「プレミアフロア(※1)」を持ち、

船旅をイメージさせる上質な空間で関門海峡を行き交う船舶や関門橋、刻々と変化する潮や雲の流れを目の前に過ごす非日常のひとときを過ごすことができます。

 

【特徴③】旅を彩る3種のレストラン

イタリアの星付きのレストランで修行を積んだシェフが手掛けるイタリアンレストラン、アーリーアメリカンを基調とした空間のRedBlackステーキハウス、一品一品にシェフの拘りを詰め込んだホテル自慢の高評価朝食ブッフェも宿泊の楽しみのひとつですよ。

 

(※1)プレミアフロアについて(開業20周年の2018年にホテル客室棟へ改装)

豪華客船をイメージしたプレミアフロアは上質な空間で、海峡を行き交う舶や関門橋、夕日が沈む景色や下関側のライトアップなどをお楽しみいただけて、一面に広がる雄大な関門海峡を眺めながら船旅気分で楽しむことができます。

 

プレミア海峡スイート 68平米

 

プレミア海峡デラックスツイン 34平米

 

プレミアフロアの特徴 

【特徴1】クラブラウンジアクセス付

 

【特徴2】レイトチェックアウト特典

 

【特徴3】3点独立の浴室

 

【特徴4】ミネラルウォーター付

 

ホテル概要

名称   :プレミアホテル門司港

所在地  :福岡県北九州市門司区港町911

開業   :1998

階数   :地上9階建

客室数  :162

付帯施設 :レストラン3店舗 (ビュッフェ、イタリアン、ステーキハウス) クラブラウンジ、宴会場・会議室 3

交通   :門司港駅徒歩2

公式サイト: https://premierhotel-group.com/mojikohotel/

 

 

プレミアルームとスイートルームにご宿泊のお客様へ。クラブラウンジ「テンポ」は今年3月1日より新たに開始

ホテル最上階から関門海峡を一望

 

 

スパークリングワインとフード

 

プレミアルームとスイートルームにご宿泊のお客様専用のサービスとして、関門海峡が一望できるクラブラウンジ「テンポ」を202331日より新規に開始。

 

ドリンクはタイプの違うスパークリング2種類を始め、シグネチャードリンクや地元北九州で焙煎されたコーヒーを取り揃え、シャルキュトリーやチーズ、クッキーや地元銘菓のチロリアンや福岡ならではの焼き菓子など、お飲み物と相性の良いフードを取り揃えいたしました。

 

ご自分が寛ぎたい時間に訪れ、海峡と時間の流れをゆっくりと楽しめる空間になっています。

 

これから海辺がますます楽しくなるシーズン。ぜひ足を運んでみてくださいね!

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

関連タグ:
#福岡観光
この記事をシェア
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP