失敗しないためのマンションの選び方を紹介!資産性の高いマンションのポイントも解説!

「マンション選びで失敗しないためには?」

「資産価値の高いマンションの選び方は?」

マンション購入を検討している方は、上記のような疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか。

後悔しないためにも、立地や間取りなどの様々な項目をチェックして、マンションを選ぶことが重要になります。

今回は、「マンションを選ぶ際にチェックすべき項目」や「マンションを購入する際の不動産会社を選ぶポイント」について紹介していきます。

これからマンション購入を検討している方は、マンションの選び方について参考にしてください。

目次

マンションを選ぶ際にチェックすべき項目

マンションを選ぶ際にチェックすべき項目は以下になります。

マンションを選ぶ際にチェックすべき項目
  • 収入に見合うマンション価格
  • 立地や周辺環境
  • 家族構成に適した間取り
  • マンションの管理体制
  • 災害リスク

各項目について解説していきます。

収入に見合うマンション価格

マンションを選ぶ際は、現状の収入に見合った金額のマンションを選ぶことが大切です。

一般的には住宅ローンを利用することが多く、借入金額が大きいと毎月のローン返済も大きくなり負担が掛かってしまいます。

住宅ローンで生活が圧迫されないように返済比率は20%〜30%に抑えておくのが理想です。

【※返済比率の計算方法】
「年間返済額÷年収×100」 例)144万円÷550万円×100=返済率28.8%

また、マンション購入時には以下の諸費用がかかるので把握するようにしてください。

マンション購入時の諸費用
  • 住宅ローンの事務手数料        
  • 住宅ローンの保証料        
  • 売買契約書に貼る印紙税        
  • 不動産会社に支払う仲介手数料        
  • 固定資産税・都市計画税
  • 不動産取得税        
  • 引っ越し費用

一般的に新築マンションの場合、マンション価格の3%〜5%程度になり、中古マンションの場合は6%〜8%程度の諸費用がかかります。

マンション購入は、マンション代金以外にも諸費用がかかるので、諸費用を加味したシミュレーションをすることが大切になります。

また、月々の住宅ローンの支払いで生活が圧迫されないように、頭金を用意して月々の住宅ローンの返済率を抑えることも効果的なので視野に入れるようにしましょう。

立地や周辺環境

立地や周辺環境もマンションを選ぶ際には重要なポイントです。

マンションの周辺に商業施設、教育施設、病院などがあると利便性も高くなり快適に生活することができます。

また、駅から距離が近ければ、通学や通勤の負担も少なくなるので駅からの距離も大切です。

しかし、立地や周辺環境がよく利便性の高いマンションは、価格も高くなることがあるので、マンション価格を抑えたい場合は、駅から徒歩10分〜15分ほどのマンションを選ぶこともポイントです。

駅から少し離れると、マンション価格が安くなることもがあるので選択肢に入れるようにしてください。

このように、立地や周辺環境も快適に生活するうえで大切なポイントになるので確認するようにしましょう。

家族構成に適した間取り

マンションを選ぶ際は家族構成に合った間取りであるかを確認することが大切です。

子供がいる場合は、成長に応じて部屋が必要になるので、間取りの選びも重要になります。

子供の人数によっても部屋数が変わってくるので、あらかじめライフプランを考えたうえで間取りを選ぶようにしましょう。

一般的に、子供が一人の場合は2LDK、二人の場合は3LDKが快適に生活できる間取りと言われております。

計画的に間取りを選ばないと、部屋数が足りなくなり住み替えしなくてはいけないこともあるので注意が必要です。

このように、マンションを選ぶ際は家族構成に最適な間取りを選ぶようにしてください。

間取りに関しては、こちらの記事で詳しく紹介しているのでご参考ください。

あわせて読みたい
ベストなマンションの間取りとは?間取りの基礎知識からおすすめの間取りまで徹底解説 マンション選びにおいて、間取りは住み心地の良さを左右する重要な要素の一つです。 しかし、何を基準に選べばいいのか分からず困っている方は少なくありません。 この...

マンションの管理体制

部屋だけでなく共用部などの管理体制も確認するようにしてください。

共用部のロビーや駐車場などが綺麗に清掃されているか、オートロックや防犯カメラが設置されていてセキュリティに問題がないかも確認する必要があります。

また、どんな人が住んでるか、住民間のトラブルなどがないかも確認することも大切です。

部屋だけでなくマンションの管理体制によっても快適に生活できるかが変わってくるので、内覧時には確認するようにしましょう。

災害リスク

日本では地震が頻繁に起きるので災害リスクも把握することが大切です。

マンションの地域の自治体が発行しているハザードマップには、災害リスクが可視化されてるので確認するようにしてください。

マンションを選ぶ際に災害リスクを考慮し選ぶことも重要になってきます。

主な災害リスクは以下です。

主な災害リスク
  • 地震
  • 津波
  • 土砂崩れ
  • 洪水

上記の自然災害はマンションを選ぶ際に避けられるリスクでもあります。

地震に関しては避けることが難しいですが、地震が少ないエリアを選ぶことで災害のリスクを少しでも抑えることができるのでおすすめです。

新築マンションであれば、耐震基準はクリアしており、最新の防災設備も備わってるので大丈夫ですが、中古マンションを購入する際は必ず確認するようにしてください。

このように災害リスクを考えて、マンションを選ぶことも大切です。

資産価値が高いマンションを選ぶポイント

マンションを選ぶ際は、資産価値が高いマンションを選ぶことも大切です。

そんな資産価値が高いマンションの選び方のポイントは以下の通りです。

資産価値が高いマンションの特徴
  • 都心に近い
  • 交通利便性が良い
  • 眺望・日当たりが良い

それぞれのポイントについて解説していきます。

都心に近い

都心に近いエリアは人気があり、資産価値が落ちにくいです。

都心には商業施設やオフィスビルなどが集まっており、利便性が高いことから人気があります。

都心のマンションに憧れる人が多く、マンション需要が高まり価値が落ちにくくなります。

人気のエリアになるので人口が減るリスクが少ないので、マンションの価値が大幅に下がることは考えにくいです。

しかし、都心部のマンション価格は高くなるので、購入時の負担が大きくなるので注意するようにしてください。

上記のことから、都心に近いマンションは資産価値が下がりにくくなるのでおすすめです。

交通利便性が良い

交通の利便性は資産価値に大きく影響するので重要です。

マンションから最寄り駅が徒歩10分圏内や、急行や快速が止まる駅などは利便性に優れるため人気があります。

また、都心へのアクセスのしやすさも重要になります。

上記のように交通の利便性が高いエリアは需要が高いので、マンションの価値が落ちにくいです。

資産価値の高いマンションを選ぶポイントは、交通の利便性も考慮することが大切になります。

眺望・日当たりが良い

眺望や日当たりの良いマンションは需要があるので価値が下がりにくいです。

日当たりに関しては、南、東、西、北向きの順番に人気があり、この順番で資産価値も高くなることがあります。

南向きの部屋は、太陽の光で明るいため、日中は照明をつける必要がなく、冬場は暖かく過ごしやすいので暖房費が節約できるメリットがあります。

そのため、資産価値の観点では南向きのマンションがおすすめです。

また、周りに高い建物が少なく眺望が良い部屋も人気があり資産価値が高いです。

高層階の部屋ほど眺望がよくなるので、高層階ほど資産価値が高くなります。

このように眺望や日当たりも資産価値に影響するので、マンションを選ぶ際の判断材料にするようにしてください。

福岡の分譲マンションの相場についてはこちらで紹介しております。

あわせて読みたい
福岡の分譲マンションの価格は高騰中?|気になる相場は? マンションの価格は、過去10年の間で高騰しています。 マンションの価格高騰は、全国的なもので、福岡でも同様です。 この記事では、マンションの価格が高騰した背景や...

また、地価が上がりそうな福岡の地域についてもこちらの記事で紹介しております。

あわせて読みたい
福岡で地価が上がりそうな地域の特徴を解説!今後の地価動向も予想! 「福岡市は毎年地価が上昇しているのはなぜ?」 「福岡市の今後の地価動向はどうなる?」 福岡では、10年連続で地価が上昇しているので、マイホーム購入や不動産投資を...

マンションを購入する際の不動産会社を選ぶポイント

不動産会社を選ぶポイントは以下になります。

不動産会社を選ぶポイント
  • 地域密着型の不動産会社
  • マンションの売買実績が豊富
  • 対応が早い

それぞれのポイントについて解説していきます。

地域密着型の不動産会社

マンションを購入する際はその地域に特化した不動産会社を選ぶのがおすすめです。

その理由は、地域に特化してるので、地域の情報に詳しいからです。

その地域で長年営業してることが多く、周辺環境や治安などに詳しく様々な情報を得ることができます。

近隣住民の様子や土地柄などを把握しており、大手チェーンの不動産では教えてもらえない情報を提供してくれます。

売主や貸主にとっても、相性の良さそうな買主や借主を探してもらえる可能性があるなど、さまざまなメリットがあります。

また、地域の地価動向やマンションの価値の推移について詳しく、マンションの資産性についてもアドバイスをしてもらうこともできます。

このように、地域密着型の不動産会社には様々なメリットがあるのでおすすめです。

マンションの売買実績が豊富

不動産会社を選ぶ際は、マンション売買実績を確認するようにしてください。

不動産会社によって得意分野が異なるので、マンション売買に特化している業者を選ぶことでマンション購入の際の注意点なども共有してくれるので、安心して取引ができます。

戸建てを専門としている業者より、マンション売買に特化している業者では、マンション購入に関する情報量や質も異なるのでマンション売買を得意とした不動産会社に依頼するのがおすすめです。

有益な情報を提供してくれるので、正確な判断をすることができます。

マンション売買実績に関しては、不動産会社のホームページに掲載されているので確認するようにしてください。

このようにマンションを購入する際は、マンション売買実績が豊富な不動産会社を選ぶようにしましょう。

対応が早い

信頼できる会社かを確認するためにレスポンスの早さも確認するようにしてください。

レスポンスが遅いと内覧や説明会のスケジュールの調整もしにくくなり、スムーズにマンション購入を進めることができません。

また、レスポンスが遅いことで希望していた物件が、他の購入希望者に先に契約されてしまうこともあります。

人気な物件ほど早く埋まってしまうので、レスポンスの早さはマンション購入する際はすごく重要になります。

いくら経験豊富な担当者でもレスポンスが遅いと、スムーズに取引できないので注意が必要です。

マンションをスムーズに購入するためにも、レスポンスの早い不動産会社を選ぶようにしましょう。

マンション選びは収納部分の確認も大切

マンションを選ぶ際に見落としがちなのは収納部分です。

収納が少ないことで、荷物が溢れかえってしまうこともあるので

家族構成や荷物の量に合った収納があるマンションを選ぶことが大切です。

チェックする収納は以下になります。

チェックする収納部分
  • シューズクローゼット
  • クローゼット
  • キッチン周りの収納
  • 洗面台周りの収納

収納力が少ないと、部屋に荷物があふれてしまい、居住スペースが少なくなってしまうので注意するようにしてください。

また、バルコニーにも荷物を置くことができるので、バルコニーの広さも合わせて確認することが大切です。

マンションを選ぶ際は、家族構成や荷物量に適した収納があるかを確認するようにしてください。

まとめ

今回は、「失敗しないためのマンションの選び方」について紹介してきました。

マンションを選ぶ際にチェックすべき項目は以下の通りです。

マンションを選ぶ際にチェックすべき項目
  • 収入に見合うマンション価格
  • 立地や周辺環境
  • 家族構成に適した間取り
  • マンションの管理体制
  • 災害リスク

また、将来的に価値が下がりにくい資産価値の高いマンションを選ぶことも大切になります。

資産価値の高いマンションを選ぶポイント
  • 都心に近い
  • 交通利便性が良い
  • 眺望・日当たりが良い

このようにマンションを選ぶ際に、チェックする項目は様々あります。

上記のポイントを押さえて、マンション選びをすることで購入してから後悔することは少なくなるでしょう。

マンションを購入する際は、失敗しないためにも、その地域に詳しい不動産会社に依頼することが大切になります。

福岡でマンションの購入を検討している方は、えんホールディングスへぜひご相談ください。

資産価値が高い物件探しからご提案までトータルサポートいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次