【2024年】今後のマンション価格は?高騰要因や価格動向について解説!

「マンションの価格は今後も上がるの?」

「マンションを購入するタイミングはいつが最適?」

今後のマンション価格の動向について悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

今後もマンション価格は上昇傾向が続くと予測されます。その理由は、都市部への人口集中や再開発プロジェクトが要因です。

例えば、東京、大阪、福岡などの主要都市では、再開発による利便性の向上や、新しい商業施設の建設が進んでいます。

したがって、今後も都市部を中心にマンション価格の上昇が続くことが考えられます。

今回は、「今後のマンション価格の動向」や「マンション購入の最適なタイミング」などについて紹介していきます。

これからマンション購入を検討している方は、参考にしてください。

福岡市中央区小笹の新築分譲マンション!

目次

マンション価格高騰の現状

現在のマンション価格は過去最高水準に達しています。理由は、建築コストの増加や低金利政策の影響が大きな要因です。

現状の新築マンションと中古マンションの価格について紹介していきます。

新築マンションの価格動向

2010年から2024年にかけて、新築マンションの1戸当たりの平均価格は大幅に上昇しました。

この傾向は今後も続く可能性が高いです。その理由として、建築費用の増加低金利政策の影響、そして都市部の需要の高まりが挙げられます。

2010年の全国平均価格は約3,000万円でしたが、2023年には約4,500万円となっています。このように、10年間で約1.5倍に価格が上昇しています。

特に東京や大阪などの大都市では、新築マンションの需要が非常に高く、価格が押し上げられています。

例えば、2024年の東京23区内の新築マンションの平均価格は、2010年のそれと比べて約1.5倍になりました。

福岡市でも同様の傾向が見られます。福岡市の新築マンションの平均価格は、2010年には約2,800万円でしたが、2023年には約4,200万円に上昇しました。

福岡市は都市開発が進み、人口も増加しているため、新築マンションの需要が高まっています。これにより、価格が上昇しています。

中古マンションの価格動向

2010年から2024年にかけて、中古マンションの1戸当たりの平均価格は顕著に上昇しました。この動向は今後も続くと予測されています。

新築マンションの価格が上がると、中古マンションの価格にも影響が出ます。

新築の価格が高騰することで、中古市場にも需要が集中し、結果として価格が上昇するのです。例えば、2023年のデータでは、新築マンションの価格が約20%上昇する中、中古マンションも約15%上がりました。

2010年の全国平均価格は約2,500万円でしたが、2023年には約3,600万円に達しています。このように、10年間で約1.4倍に価格が上がりました。

2010年の東京23区内の中古マンションの平均価格は約3,500万円でしたが、2023年には約5,500万円に達しました。このように、東京でも価格が大幅に上昇しています。

福岡市でも同様のトレンドが見られます。福岡市の中古マンションの平均価格は、2010年には約2,200万円でしたが、2023年には約3,300万円に上昇しています。

マンション価格高騰の要因

マンション価格高騰の要因は以下の通りです。

マンション価格高騰の要因
  • 建築コストの上昇
  • 低金利政策の影響
  • 円安による海外投資家の影響
  • テレワーク普及による住替え需要

それぞれの要因について解説していきます。

建築コストの上昇

建築コストの上昇が新築マンションの価格高騰の大きな要因となっています。

鉄鋼や木材、コンクリートなどの建築資材の価格が年々上がっています。

例えば、2023年には鉄鋼の価格が前年より15%も上昇しました。これにより、マンションの建築費が増加し、その分が販売価格に反映されています。

また、建設業界においては、就業者数と技能者数が減少しています。

就業者の育成には多大な時間とコストが必要で、即戦力として活躍させることが難しいという課題があります。

さらに、優秀な人材を確保するためには給与水準の向上が不可欠であり、その結果として人件費の上昇が続くと予測されます。

このことから、資材費と人件費の上昇が新築マンションの価格を高騰させている大きな要因です。

低金利政策の影響

低金利政策も新築マンションの価格高騰の大きな要因です。

低金利政策がどのように影響しているかを説明します。

日本銀行が低金利政策を続けることで、住宅ローンの利率が非常に低くなっています。

例えば、2023年の住宅ローンの金利は0.5%台まで下がっており、これは過去最低水準です。

これにより、月々の返済額が抑えられ、多くの人がマンションを購入することが可能になっています。

例えば、4,000万円のマンションを購入する場合、金利1%の住宅ローンを組むと、35年ローン(420回払い)で月々の返済額は約11万円です。

しかし、金利が0.5%になると、同じく35年ローン(420回払い)で返済額は約10万円に減少します。

このように、低金利は購入者にとって大きなメリットとなり、マンション需要を高めています。

需要が高まると、限られた供給に対して多くの購入希望者が集まるため、価格が上昇します。

円安による海外投資家の影響

新築マンション価格の上昇の背後には円安があります。

理由は、円安によって日本の不動産が海外投資家にとって魅力的な投資先となり、需要が急増しているためです。

円安になると、海外の通貨を持つ投資家にとって日本の不動産が割安になります。

例えば、2023年には1ドルあたり150円と、10年前と比べて約30%円安になっています。

これにより、海外投資家が日本のマンションを購入する動機が強まりました。

東京の高級マンション市場では、海外投資家の購入が増えています。例えば、2022年には、全体の約20%が海外投資家による購入でした。

このような需要の増加により、東京23区内の新築マンションの平均価格が上昇しております。

福岡市も同様の影響を受けています。福岡市は、アジアからのアクセスが良く、外国人投資家にとって魅力的な都市となっています。

このように、円安による海外投資家の参入の影響でマンション価格が高騰しております。

テレワーク普及による住替え需要

テレワークの普及も新築マンションの価格高騰の要因の一つです。

なぜなら、テレワークの浸透により、多くの人がより広い住環境を求めて住替えを行っているからです。

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、多くの企業がリモートワークを導入しました。

これにより、通勤を気にせずに住む場所を選べるようになった人々が増えています。

賃貸住宅では自分の好きなように部屋をカスタマイズできないため、本格的にテレワークを行うために新築や中古マンションを購入する人が増えています。

このような住替え需要の増加が、新築マンションの価格を押し上げる要因となっています。

今後のマンション価格の動向について

多くの専門家がマンション価格の上昇を見込んでいます。ここでは、価格がまだ上昇すると思われる理由や暴落待ちが得策でないことについて解説していきます。

マンション価格の暴落待ちは得策か?

マンション価格の暴落を待つのは得策ではないかもしれません。

その理由は、経済状況や需要の高まりが価格の下支えをしており、急激な価格下落は予想されにくいからです。

日本の経済は、低金利政策や政府の景気刺激策に支えられています。

これにより、不動産市場も安定しています。例えば、2023年の住宅ローン金利は過去最低水準の0.5%台で、多くの人がマンションを購入しやすい環境にあります。

特に都市部では、新型コロナウイルスの影響でテレワークが普及し、より広い住環境を求める人が増えています。また、円安の影響で海外投資家が日本の不動産市場に参入し、需要が高まっています。

これらの要因から、マンション価格が急落する可能性は低いと考えられます。

したがって、新築マンションの購入を検討している方は、価格の暴落を待つよりも、早めに決断することが得策かもしれません。

マンション価格の10年後の展望と予測

マンション価格は今後10年でさらに上昇する可能性が高いです。

その理由は、建築コストの増加、低金利政策の継続、そして都市部の需要の増加が続くと予測されるからです。

今後も価格が高騰していくと考えられる要因は以下の通りです。

  • 建築コストの増加:資材費や人件費が上昇しており、マンション価格に影響する
  • 低金利政策の継続:日本銀行の低金利政策により、住宅ローンの利率が低く抑えられており、多くの人がマンションを購入しやすい環境が続く
  • 都市部の需要の増加:東京、大阪、福岡などの大都市では、人口が集中し続け、住環境の需要が高まっていく
  • マンションの供給戸数の減少:建設会社の寡占化が進み、大手企業が市場を支配することで、新規供給が限られている
  • 円安の状況の継続:円安が続いているため、海外投資家が日本の不動産市場に参入しやすく需要を押し上げる

これらの理由から、マンション価格が10年後にはさらに上昇する可能性が高いと言えます。

したがって、新築マンションの購入を検討している方は、価格の高騰が続く前に購入することも一つの選択肢です。

マンション購入の最適なタイミング

マンション購入の最適なタイミングは以下の通りです。

マンション購入の最適なタイミング
  • 住宅ローンが低金利で推移している時期
  • 住宅税制が充実している時期
  • 繁忙期を過ぎた5月

それぞれのタイミングについて紹介していきます。

住宅ローンが低金利で推移している時期

2024年の今、住宅ローンが低金利で推移している時期にマンションを購入するのがベストです。

なぜなら、低金利の時期にローンを組むことで、月々の返済額を抑えられ、総返済額も少なくできるからです。

日本銀行の低金利政策により、2024年の住宅ローンの金利は非常に低い状態です。

現在の金利は0.5%台で、過去最低水準です。この低金利の時期にローンを組むと、毎月の返済負担が軽くなります。

例えば、5,000万円のマンションを購入する場合、金利1%の住宅ローンを組むと月々の返済額は約14万円になります。

しかし、金利0.5%だと月々の返済額は約12万円に抑えられます。月々2万円の差が積み重なれば、総返済額に大きな影響を与えます。

このように、低金利の時期に住宅ローンを利用することで、経済的な負担を大幅に減らせます。

したがって、新築マンションの購入を考えている方は、今の低金利を活用することがおすすめです。

住宅税制が充実している時期

住宅税制が充実している時に、マンションを購入することは正しい判断ともいえます。

なぜなら、税制優遇を利用することで、購入費用を大幅に抑えられるからです。

現在、住宅ローン控除や住宅取得資金贈与の非課税措置など、購入者にとって非常に有利な制度が整っています。

例えば、住宅ローン控除では、最大10年間、年末のローン残高の1%が所得税から控除されます。

住宅ローン控除は、新築や中古のマンションを購入する際に住宅ローンを利用する場合、一定の条件を満たせば所得税や住民税の控除を受けることができます。

新築マンションの場合、最大455万円の控除が受けられ、中古マンションの場合は最大210万円が控除されます。

特に、省エネ性能が高い長期優良住宅やZEH水準省エネ住宅では、控除額がさらに大きくなります。

また、「住宅取得資金贈与の非課税措置」は、親や祖父母からの住宅取得資金の贈与に対して非課税となる制度です。

たとえば、省エネルギー基準を満たす住宅の場合、1,000万円までの贈与が非課税となり、それ以外の住宅でも500万円まで非課税となります。

この制度を利用するには、贈与を受ける人が贈与者の直系卑属であり、日本国内に居住し、贈与を受けた年に20歳以上である必要があります。

また、贈与を受けた翌年の3月15日までにマンション購入資金として全額使用し、そのマンションに居住することも条件です。

さらに、贈与の合計額が2,000万円以下であることや、住宅の専有面積が50平方メートル以上240平方メートル以下であることも求められます。

これらの税制優遇措置を活用することで、住宅購入時の経済的負担を大幅に軽減することができます。

あわせて読みたい
【2024年】マンション購入で使える補助金・減税制度を紹介!適応する注意点を解説! 「マンション購入で使える補助金や減税制度はある?」 これからマンションの購入を検討しており、補助金や減税制度を活用してお得にマンション購入したいと考えてる人は...

繁忙期を過ぎた5月

マンションを購入するなら、繁忙期を過ぎた5月がおすすめです。

5月は多くの人が引っ越しを終えて、購入希望者が少なくなる時期です。

このため、価格交渉がしやすくなります。また、不動産業者も在庫を早く売りたいと考えるため、値引きや特典が期待できるのです。

例えば、福岡市内の新築マンション市場では、3月から4月にかけて販売が活発になり、価格が高めに設定されることが多いです。

このように、繁忙期の過ぎた5月にマンションを購入することもおすすめです。

マンションは本当に高すぎて買えないのか?

新築マンションの価格が高騰していますが、必ずしも買えないわけではありません。

マンションの価格は上昇していますが、株価と同様に経済全体の動向と連動しています。適切なタイミングを見極めれば、購入のチャンスがあります。

例えば、2008年のリーマンショック後にはマンション価格が下落しました。

その後、2012年末から始まったアベノミクス政策によって経済が回復し、マンション価格も徐々に上昇しました。

2022年には、日本銀行の金融緩和政策の継続や低金利環境により、マンション価格は高水準を維持しつつも、購入しやすい時期が訪れました。

また、マンション購入時には住宅ローン控除や贈与税の非課税制度などの税制優遇措置や補助金制度を活用することで、経済的な負担をさらに減らすことができます。

経済動向を注視し、タイミングを見て購入判断をすることが大切です。

まとめ

今回は、「今後のマンション価格の動向」や「マンション購入の最適なタイミング」について紹介してきました。

マンション価格は、都市部への人口集中や再開発プロジェクトにより今後も上昇傾向が続くと予測されます。

例えば、東京や大阪、福岡などの主要都市では、利便性の向上や新しい商業施設の建設が進んでおり、これが価格上昇の一因となっています。

また、現在の低金利は、マンション購入を後押ししています。住宅ローンの金利が過去最低水準であるため、ローンの返済負担が軽減され、購入しやすい状況が続いています。

住宅ローン控除や贈与税の非課税制度などの税制優遇措置を活用することで、さらに経済的な負担を減らすことが可能です。

このように、経済動向や政府の政策に注目しながら、マンション購入のタイミングを慎重に見極めることが重要です。

福岡でマンションの購入を検討している方は、えんホールディングスへぜひご相談ください。

条件に合った物件探しからご提案までトータルサポートいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次