ほったらかし投資におすすめの投資方法を紹介!失敗しないための注意点も解説

「ほったらかし投資とは?」

「ほったらかしでできるおすすめの投資は?」

ほったらかし投資とは、大きな手間がかからず、初心者でも始められるものが多いです。

しかし、完全に放置できるわけではなく、定期的に状況や収益を確認することが必要になります。

今回は、「ほったらかしでできるおすすめの投資」や「ほったらかし投資で失敗しないための注意点」などを紹介していきます。

これから、資産形成を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • ほったらかしでできるおすすめの投資
  • ほったらかし投資のメリット
  • ほったらかし投資のデメリット
  • ほったらかし投資で失敗しないための注意点
  • ほったらかし投資に関するよくある質問
目次

ほったらかし投資とは?

ほったらかし投資とは、大きな労力をかけず専門知識がなくてもできる投資方法です。

ほったらかし投資には、大きく以下3つの方法があります。

  • 不動産投資・・・土地や建物を購入し、それを賃貸に出したり売却したりして利益を得る方法
  • 投資信託・・・専門家に資産運用を任せる投資
  • 株の自動売買・・・システムやAIにより仕組みを自動化するもの

ほったらかし投資のメリットは、投資初心者でも始めやすい点です。

例えば、不動産投資は最初に初期費用が必要ですが、一度物件を購入すれば、常に市場をチェックする必要もなく、安定した収益を得ることができます。

投資信託では、専門家に運用を任せるので、自身で常にチャートを見る必要がなく、コツコツと積み立てていくだけで手間をかけずに資産を築くことができます。

また、一度仕組み化できれば頻繁に手を加えたり、投資方針を考えたりする必要がないため、忙しくて投資に時間を割けないサラリーマンなどにも向いています。

しかし、投資は経済状況や為替相場などに左右されるため、完全に放置できるわけでなく、定期的に状況を確認することが必要になります。

ほったらかしでできるおすすめの投資

ほったらかし投資におすすめの投資は以下の通りです。

ほったらかし投資におすすめの投資
  • 不動産投資
  • NISA
  • iDeCo
  • 不動産クラウドファンディング
  • FXの自動売買
  • 投資信託

それぞれの投資方法の詳細やメリットについて解説していきます。

不動産投資

不動産投資は、マンションやアパートなどの不動産物件を取得し、入居者から家賃収入を得る投資方法です。

不動産投資ローンを利用することで、自己資金が少額でも始めることができます。

メリット
  • 毎月一定の家賃収入: 空室リスクはありますが、入居者がいる限り安定した収入を得ることができます。
  • 生命保険代わり: ローンを利用して団体信用生命保険に加入した場合、契約者が亡くなった場合などに保険金でローンを返済できます。
  • 比較的少ない自己資金で始められる: 物件や金融機関の選び方によっては、少額の自己資金で始められます。
  • 家賃収入でローンを返済: 家賃収入でローンを返済すれば、実質的な毎月の支払いを抑えることができます。
  • 管理を委託できる: 物件の維持管理は、管理会社に委託することができます。
デメリット
  • 空室リスク: 入居者がいないと家賃収入が得られません。
  • 金利上昇リスク:金利上昇により返済額(支出)が増加し、収益を圧迫する可能性があります。
  • 災害リスク:地震、洪水、土砂崩れなどの災害に遭い損失を受ける可能性があります。

不動産投資は、値動きが緩やかで安定性が高い投資法です。

なぜなら、物件の価値がゼロになる心配がなく、他の投資と比べてリスクが低いためです。

例えば、株式やFXでは、資産価値が急激に変動してゼロになることがありますが、不動産は現物資産であるため、このようなリスクは少ないです。

特に、区分マンションを購入することで、需要が高く空室が出にくいため、安定した収益を期待できます。

また、入居者募集や物件管理などは、管理会社に委託することができるので、手間をかけずに運用することができます。

このように、不動産投資は、リスクを抑えて安定的に資産を増やしたい人にとっておすすめの投資です。

不動産投資のメリット

あわせて読みたい
サラリーマンに不動産投資がおすすめな理由は?失敗しないためのポイントを紹介! サラリーマンの資産形成や資産運用には、不動産投資が有効な手段の一つです。 不動産投資には、ある程度の自己資金や準備が必要ですが、安定した家賃収入を毎月得ること...

NISA

NISAとは、「少額投資非課税制度」の略称で、投資で得た利益が非課税になる制度です。

通常、株式の配当などの利益には20.315%の税金がかかりますが、NISAを利用すればこの税金をゼロにすることができます。

メリット
  • 手間がかからない: 毎月一定額を積み立てるだけで、あとは放置するだけです。
  • 非課税で投資できる: 利益が非課税になるので、利益をそのまま得ることができます。
デメリット
  • 年間の投資額に上限: 年間120万円(つみたてNISA枠)と240万円(成長投資枠)の投資額に上限があります。

NISAは、少額から始めることができ、毎月5千円や1万円など、無理のない範囲で積み立てることができます。

また、はじめに積立設定をするだけで、あとは自動的に積み立てていくことができます。

2024年からは、NISAの制度が大幅に改定されました。主な変更点は以下の通りです。

  • 非課税枠の増加: 年間の非課税枠が、つみたてNISA枠と成長投資枠を合算して360万円に増加します。
  • 非課税保有期間の無期限化: これまでの非課税保有期間が撤廃され、無期限で非課税となります。

2024年にスタートした新NISAは、非課税枠の増加や非課税保有期間の無期限化など、投資家にとってメリットが多いです。

iDeCo

iDeCoは「個人型確定拠出年金」の略称で、老後の資金を積み立てる制度です。

この制度では、「毎月一定額を積み立てて運用を行い、60歳以降に受け取る」という仕組みになっています。言い換えれば、「自分で作る私的年金」とも言えます。

メリット
  • 掛け金の設定が自由:掛け金は自由に設定・変更が可能です。ライフスタイルや収入状況に応じて柔軟に対応できます。
  • 運用益は非課税で受け取り可能: 投資で得た利益は、非課税で受け取ることができます。
  • 節税効果がある: 所得控除や税額控除を受けられるため、節税効果があります。
デメリット
  • 60歳までは引き出しできない: 原則60歳まで引き出すことができません。
  • 月額の手数料がかかる: 事務手数料や資産管理手数料など、毎月数百円程度の手数料がかかります。

iDeCoは、個人が老後の資金を準備できるように、国が後押ししている制度です。

定期預金を選択すれば元本割れのリスクがないため、初心者でも安心して資産運用を始められます。

ただし、投資信託の商品は、元本割れのリスクがあることに注意が必要です。

また、iDeCoには事務手数料や資産管理手数料などの月額手数料が発生します。

他の投資方法でも同様に「ほったらかし」できる分、手数料が発生するのは仕方ありません。

また、iDeCoの特性として、「60歳まで引き出しできない」という制限があるので注意が必要です。

iDeCoで上手に運用するためのポイントは、長期的な視点で無理のない金額をコツコツと積み立てることです。

手元にお金があるとつい使ってしまうという方は、必要な出費として考えて積極的にiDeCoで資金を準備するのがおすすめです。

NISA、iDeCoの次の投資は?
投資家へのネクストステップ

不動産クラウドファンディング

不動産投資クラウドファンディングとは、不動産投資を個人ではなく、運営会社と他の投資家たちと共同で行うサービスです。

1万円から少額で投資できるため、初心者でも始めやすいのが特徴です。

メリット
  • 少額から投資できる: 1万円から投資できるため、無理なく始められます。
  • 物件探しを自分で行う必要がない: 運営会社が厳選した物件に投資できる。
  • 優先劣後方式で元本を守る: 仮に不動産価格が下がっても、投資家の元本がある程度守られます。
  • 不動産管理は運営会社に任せられる: 面倒な不動産管理は運営会社が行います。
  • スマホで完結: スマホで入金した後は、ほったらかしで運用できます。
デメリット
  • ミドルリターン: 利益は他の投資家と分け合うため、自分で不動産投資を行う場合よりも低くなります。
  • 資産として残せない: 投資した物件は、自分の資産として残すことはできません。

入居者との契約や物件の修繕といった管理業務はすべて運営会社に任せられ、ほったらかしで不動産投資を始められます。

インターネット上で簡単に手続きが完結し、投資後は基本的には分配金や元本の入金を待つだけです。

さらに、このサービスでは「優先劣後方式」という仕組みが採用されています。

これは、投資家のリスクを最小限に抑えるための制度で、不動産価格が下落した場合でも、運営会社が10%から30%までの損失を負担し、投資家の元本や利益を保護してくれます。

そのため、不動産クラウドファンディングは、リスクを最小限に抑え、少額から不動産に投資したい人におすすめです。

FXの自動売買

FX自動売買とは、為替取引の売買注文をシステムが自動的に行ってくれる投資です。

設定したルールや条件に基づいて、24時間取引が可能で、時間や手間をかけずに資産運用をサポートしてくれます。

メリット
  • 24時間取引可能: 寝ている間も取引を続けることができ、時間的な制約がありません。
  • チャート分析などの手間が不要: システムが自動で分析を行い、売買判断を行うため、分析の知識や経験がなくても利用できます。
  • 感情に左右されない: システムによる自動売買のため、感情的な判断によるミスを防ぐことができます。
  • 複数通貨ペアの同時管理: 複数の通貨ペアを同時に管理することができ、効率的な運用が可能。
デメリット
  • 完全な自動化は難しい: システムの設定やメンテナンスは必要であり、完全な自動化は難しい場合があります。
  • 利益を保証するものではない: システム利用によって必ず利益が出るわけではなく、損失が出る可能性もあります。
  • ランニングコストが発生する: システムによっては、利用料や手数料が発生します。
  • システム選びが重要: 自分に合ったシステムを選ぶことが重要であり、悪質なシステムも存在します。

FXは、Foreign Exchangeの略称で、日本語では「外国為替証拠金取引」のことです。このFXでは、世界の通貨であるドルやユーロなどを売買し、その差額で利益を得ることができます。

一般的には、「裁量トレード」と呼ばれ、リアルタイムでマーケットを監視し、自らの判断とスキルに基づいて取引を行う必要があります。しかし、この手法を自動化したのが「FXの自動売買」です。

ただし、株の自動売買と同様に、まだまだ全てを任せられるほど完璧ではなく、設定だけして放っておくというわけにはいきません。

また、自動売買ツールには種類があり、どれを選べばよいか迷うこともあります。

必ず利益が保証されるものではないので、元金が無くなるリスクもあることあるので注意が必要です。

FXで資産運用を始めたいが、手間を最小限に抑えたいという方には、自動売買がおすすめです。

投資信託

投資信託とは、投資家から集めたお金を金融機関が運用し、その運用による利益を投資家に分配する金融商品です。

投資家は、個別の銘柄ではなく、投資信託という商品を購入することで、分散投資を行うことができます。

メリット
  • 少額から投資できる: 1万円程度から投資できるものも多く、初心者でも始めやすい。
  • 分散投資できる: 投資信託1本で複数の銘柄や債券に投資するため、リスクを分散できる。
  • 専門家に運用を任せられる: ファンドの運用は、専門知識を持つ運用会社が担当するため、自分で銘柄を選ぶ必要がない。
  • 積立投資に最適: 毎月一定額を積み立てる「積立投資」に最適な商品が多い。
デメリット
  • 手数料がかかる: 購入時、売却時、運用中に手数料がかかる。
  • 元本割れの可能性がある: 投資対象の値動きによって、元本を割る可能性がある。
  • すべての投資信託が儲かるわけではない: 投資信託の種類によって、パフォーマンスは異なる。

株を直接売買するのではなく、信販会社や証券会社、信託銀行などの金融機関に委託するので、手数料がかかります。

しかし、手数料はかかりますが、運用をすべて任すことができるので、労力がかかりません。

また、国内外の株式だけでなく不動産や債権など、様々な資産を組み込んだファンドへの投資をすることができます。これにより、値下がりなどのリスクを分散できます。

さらに、個人では難しい発展途上国の株式や債券などを含むファンドも多く存在します。これにより、幅広い銘柄から選ぶことができ、投資の面白さも味わうことができます。

ほったらかし投資のメリット

ほったらかし投資のメリットは以下の通りです。

ほったらかし投資のメリット
  • 投資初心者でも始めやすい
  • 貯金より高い利回りが期待できる
  • 忙しい人でも投資活動ができる

それぞれのメリットについて紹介していきます。

投資初心者でも始めやすい

ほったらかし投資の最大のメリットは、投資未経験者でも簡単に始められることです。

一般的には、自分で銘柄を選択し、取引のタイミングを見極める必要があります。

これらは初心者にとって難しく、知識や経験が不足している状態で行うと大きな損失を被る可能性が高くなります。

しかし、ほったらかし投資では、専門家や専用ツールが金融商品の選択や取引のタイミングを管理してくれるため、安心して取引することができます。

不動産投資や投資信託などの投資方法は、専門的な知識や投資経験がなくても安定した運用が可能です。

貯金より高い利回りが期待できる

ほったらかし投資のメリットの一つは、預貯金以上の利回りが期待できることです。

ほったらかすという観点からいえば、預貯金も同様ですが、低金利時代の現在、預貯金の利益(0.001%程度)は微々たるもので、ほとんど効果がありません。

一方、不動産投資や投資信託などは、預貯金よりもリスクがある分、高いリターンを期待できます。

もちろん、リスクは伴いますが、長期的な視点で運用することで、リスクを抑えながら資産形成を目指すことができます。

同じほったらかしの考え方であれば、預貯金よりも資産を増やせる可能性が高いほったらかし投資がおすすめです。

忙しい人でも投資活動ができる

ほったらかし投資は、仕組みを整えると後はそこまで手間をかけずに、基本的に放置できる仕組みです。

仕事や育児、勉強など別のことに忙しい場合でも、自動的に運用を行ってくれます。

そのため、仕事が忙しいサラリーマンの方や、子育て中の主婦・主夫の方でも気軽に投資活動ができます。

ほったらかし投資のデメリット

ほったらかし投資のデメリットは以下の通りです。

ほったらかし投資のデメリット
  • 短期間で利益を得るのは難しい
  • 元本割れのリスクがある
  • 完全放置は難しい

それぞれのデメリットを紹介していきます。

短期間で利益を得るのは難しい

ほったらかし投資は、長期目線で利益を積み上げることが多く、短期間で大きな利益を得るのは難しいとされています。

短期的な利益を求める場合は、為替のレートで利益を狙うFXや、暗号資産(仮想通貨)などの価格変動が激しい投資を検討することがあります。

ただし、短期的な利益を追求する投資商品は、その分リスクも高い傾向があります。

市場の変動が大きい投資では、損失が急速に膨らんでしまう可能性があるため、基本的にほったらかし投資との相性は良くありません。

ほったらかし投資は、時間をかけて着実に資産を増やしたい方におすすめの投資方法です。

自分の投資目的やリスク許容度に合わせて、最適な投資方法を選ぶことが大切です。

元本割れのリスクがある

ほったらかし投資を行う際には、元本割れのリスクを抑えるために、投資商品を長期的に保有することが重要です。

なぜなら、投資商品の価格が下落すると、最初に投資した金額を下回る可能性があるからです。

投資信託などは元本保証がないため、市場の変動によっては損失が生じることがあります。

しかし、投資期間が長ければ長いほど、一時的な価格変動の影響を受けにくくなります。

また、長期間保有することで、売買の頻度が減り、手数料の負担も軽減されます。その結果、元本割れのリスクを最小限に抑えることができます。

例えば、株式市場は短期的には大きな変動があるものの、長期的には成長傾向が見られることが多いです。

なので、長期的に保有することで、価格の一時的な下落に左右されず、安定したリターンを期待できます。

このように、元本割れのリスクがあるので、長期的な目線で投資することをおすすめします。

完全放置は難しい

ほったらかし投資でも、利益を確定する日まで状況を全く確認しないのは危険です。

経済状況や為替相場によっては、暴落後に回復しない商品もあります。

それに気づかずに投資を続けると、大きな損失を被る可能性があります。ほったらかし投資でも、定期的に状況を確認することが大切です。

定期的にポートフォリオを見直し、必要に応じて資産配分を調整しましょう。経済状況や市場環境の変化に合わせて、リスクを適切にコントロールすることが重要です。

さらに、購入価格から一定の下落率になったら損切りするといった、損切りルールを事前に設定することも効果的です。

このように、完全放置するのはリスクが高いため、定期的に状況を確認するようにしてください。

ほったらかし投資で失敗しないための注意点

ほったらかし投資で失敗しないための注意点は以下の通りです。

  • 生活資金以外で投資する
  • 収益の目標金額を決めておく
  • 定期的に状況を確認する

それぞれの注意点を紹介していきます。

生活資金以外で投資する

投資をする際は、家計を圧迫しない範囲の資金で運用するようにしてください。

投資に資金を回しすぎると、急な出費に対応できない可能性があります。

また、家計を圧迫するほどの資金を投入していると、投資に失敗した場合、深刻な事態に陥る可能性があります。

しかし、給料から生活費や貯金を差し引いた後の余剰資金で投資することで、万が一損失が出た時も生活に大きな影響を受けることはありません。

このように、生活資金を確保したうえで、余剰資金で投資をするようにしてください。

収益の目標金額を決めておく

ほったらかし投資で成功するためには、収益目標を明確に設定することが重要です。

収益目標を設定すれば、現在の投資状況を客観的に評価できます。

たとえば、目標達成までのペースが遅れている場合は、投資戦略を見直すことができます。

また、具体的な収益目標を設定することで、投資の目的が明確になり、モチベーションを維持することができます。

収益目標を設定して、定期的に状況を確認することで、損失が出ている場合は、対策を講じ、損失が膨らまないように損切することも可能です。

このように、投資で失敗しないためにも収益の目標金額やロスカット(損切り)を明確に設定するようにしましょう。

定期的に状況を確認する

ほったらかし投資をしているからといって、確認しないで完全に放置するのは危険です。

状況を定期的に確認し、損失が膨らんでいないかを確認するようにしてください。

長期間投資を続けていると、保有資産の価格変動によってポートフォリオのバランスが乱れることがあり、元々のリスクを上回る状態になってしまうかもしれません。

そのため、少なくとも年に1〜2回、できれば月に1回程度、資産状況を確認することが重要です。

定期的に状況を確認することで、損失が膨らんでいないかを確認でき、損失が拡大している場合は、すぐに対策を講じることができます。

具体的な対策は以下の通りです。

  • ポジションの見直し:損失が生じている投資商品を再評価し、必要に応じて売却することで損失を最小限に抑える。
  • ポートフォリオの再構築:投資資産のリスク分散を再考し、適切なバランスを取り戻すためにポートフォリオを再構築する。
  • 損切り:事前に設定した損切りラインに達した場合は、損失を最小限に留める。
  • 追加投資の見送り:損失が生じている場合は追加投資を行うのを見送り、一旦市況の安定を待つ。

このように、定期的に状況を確認することで、リスクを最小限に抑えることができます。

ほったらかし投資に関するよくある質問

ここでは、ほったらかし投資に関するよくある質問について紹介していきます。

ほったらかし投資に関するよくある質問
  • ほったらかし投資に向いている人は?
  • ほったらかし投資に向いていない人は?
  • ほったらかし投資に利用できるローンはある?

ほったらかし投資に向いている人は?

ほったらかし投資は、仕事が忙しくて投資に時間を割けない人や、投資をしたことなく知識や経験がない人に向いています。

毎日の相場チェックや頻繁な売買が必要ないため、仕事に支障をきたすことなく投資を続けることができます。

さらに、不動産投資を活用すれば、物件管理や入居者管理を管理会社に委託できるため、手間をかけずに投資することができます。

また、投資知識があまりない初心者もほったらかし投資に向いています。

専門的な知識やスキルがなくても、インデックスファンドなどの分散投資商品に投資することで、リスクを抑えつつ長期的な資産運用が可能です。

専門家の助言やファンドの管理に任せることで、初心者にとって難しい判断を任せることができます。

このように、「ほったらかし投資」は仕事が忙しい方や初心者の方でも運用できるのでおすすめです。

ほったらかし投資に向いていない人は?

ほったらかし投資に向いていないのは、すぐに結果を求める人です。

ほったらかし投資は、基本的に長期間で運用していくため、即効性を求める人には物足りなさを感じさせ、継続が難しいかもしれません。

ほったらかし投資は長期的な視野で資産を成長させるため、短期の値動きに神経をとがらせてしまうと、本来の長期的な利益を得ることができません。

市場の変動に対する不安が強く、少しの損失でも大きなストレスを感じる人も、ほったらかし投資には向いていません。

投資は長期的には利益が出る可能性が高いですが、短期的には損失を経験することもあります。

市場の下落に対して冷静でいられない人には、精神的に負担が大きくなります。

このように、短期間で利益を求める方や、市場の変動に対する不安が強い人は、ほったらかし投資に向いていないと言えます。

ほったらかし投資に利用できるローンはある?

不動産投資であれば、不動産投資ローンの利用が可能です。

具体的には、賃貸事業用の不動産を購入する際に、金融機関からの融資を活用することができます。

一般的には、物件の購入価格の2~3割程度の自己資金を用意し、残りの資金を不動産投資ローンで調達します。

不動産投資がローンを利用することができる理由は、投資対象となる不動産が担保価値を持ち、かつ入居者からの家賃収入がローンの返済に充てられるためです。

このビジネスモデルに基づき、金融機関は不動産投資に対して融資を提供してくれます。

ほったらかし投資の手法はさまざまありますが、投資のための融資を受けられるのは不動産投資だけです。

まとめ

今回は、「ほったらかしでできるおすすめの投資」や「ほったらかし投資で失敗しないための注意点」などを紹介してきました。

ほったらかし投資におすすめの投資は以下の通りです。

ほったらかし投資におすすめの投資
  • 不動産投資
  • NISA
  • iDeCo
  • 不動産クラウドファンディング
  • FXの自動売買
  • 投資信託

ほったらかし投資で失敗しないための注意点は以下の通りです。

  • 生活資金以外で投資する
  • 収益の目標金額を決めておく
  • 定期的に状況を確認する

「ほったらかし投資」と呼ばれる投資は、完全に放置することはできないですが、そこまで労力がかからないので、仕事で忙しいサラリーマンの方にもおすすめです。

しかし、ほったらかし投資といっても、定期的な状況確認や余剰資金で投資することが大切なポイントになります。

また、収益目標やロスカット(損切り)を明確に設定することで、大きな損失を防ぐことができるので頭に入れておきましょう。

ほったらかしでできる投資の中でも、不動産投資は、「不動産投資ローン」を利用することで資金調達ができ、現物資産のため価値が下がりにくいのでおすすめです。

また、入居者の募集や物件管理も管理会社に委託することで、労力をかけずに運用できます。

不動産投資に興味がある方は、えんホールディングスグループへぜひご相談ください。

不動産投資のエキスパートたちが、ご希望に合った物件探しから運用方法のご提案までトータルサポートいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次